メニュー

ソーラーパネルは | LED照明製造・販売・開発・OEM・ODM (株)グッドグッズ

ソーラーパネルは?

ソーラーパネルは、太陽電池をたくさんつなげたもの。

ソーラーパネルは一般に、ひとつひとつは小さな太陽電池を複数集めて、何らかの枠・構造体に入れてパネル状にしたものである。枠はアルミが用いられることが多い。

いちばん小さな単位を「セル」、そのセルを板状につなげたものを「モジュール」、とか「パネル」とよびます。

solarpanelsimg1.jpg

セル:太陽電池の基本単位で、太陽電池素子そのものをセルと呼びます。

モジュール:セルを必要枚配列して、屋外で利用できるよう樹脂や強化ガラスなどで保護し、パッケージ化したものです。このモジュールは、太陽電池パネルとも呼ばれます。

アレイ:モジュール(パネル)を複数枚並べて接続したものをアレイと呼びます。

太陽電池の仕組み:

太陽光発電システムの中心になっているのが、太陽電池です。

太陽電池は太陽の光エネルギーを吸収して直接電気に変えるエネルギー変換素子です。シリコンなどの半導体で作られており、この半導体に光が当たると、日射強度に比例して発電します。

「電池」という名前がついていますが、電気をためる機能はありません。

solarpanelsimg2.jpg

太陽電池の原理(シリコン結晶系の場合)

現在最も多く使われている太陽電池は、シリコン系太陽電池です。この太陽電池では、電気的な性質の異なる2種類(p型、n型)の半導体を重ね合わせた構造をしています。

太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、正孔はp型半導体へ、電子はn型半導体側へ引き寄せられます。このため、表面と裏面につけた電極に電球やモータのような負荷をつなぐと電流が流れ出します。

太陽電池の種類:

 

シリコン系

化合物系ほか※

結晶系

単結晶シリコン
多結晶シリコン
ヘテロ接合型

Ⅲ‐Ⅴ族系

薄膜系

アモルファスシリコン
薄膜多結晶シリコン

CIS、CIGS、CdTe、有機薄膜、色素増感など

※有機化合物及び色素増感を含む。

最近ではソーラーパネルを、一般家庭の屋根に設置することが増えてきました。

また、効率良く大きな電力を生み出すために、休閑地など広い土地にたくさんのソーラーパネルを設置して大きな電力を生み出す、「メガソーラー」と呼ばれる太陽光発電施設も増えています。